美容外科で受けることが出来るバストアップ効果を持つ治療とは

美容外科医

人工バッグによる治療

バストアップ効果を得ることが出来る治療には数多くの種類がありますが、その中でも特に主流となっているのが、「豊胸手術」になります。
豊胸手術にはさらに細かい種類が存在しており、その種類の中でも最も知名度が高くなっているのが「大胸筋下法」と「乳腺下法」になります。

大胸筋下法は大胸筋の下に人工バッグを挿入することでバストアップ効果を得ることが出来る方法になっており、乳腺に触れることがないため、安全に行うことが出来る治療になります。
自然な仕上がりを得ることが出来るため、美容外科に足を運び治療を施した、ということに気付かれる心配もありません。
乳腺下法は乳腺の下、大胸筋の上に人工バッグを挿入することでバストアップ効果を得ることが出来る方法になっており、仕上がりの感触が自然なものになる、というのが特徴になります。
貧乳で悩み、改善したい、と考えている方の場合は、大胸筋下法が適しています。

大胸筋下法や乳腺下法で利用されている人工バッグは大きく二つの種類に分けることができ、それには「ラウンド型」、「アナトミカル型」の二つがあります。
ラウンド型は丸型、アナトミカル型は涙型になっており、日本人の場合はラウンド型が適しており、自然な仕上がりを得ることが出来ます。
人工バッグにはこのような種類がありますが、人工バッグの表面にも種類が存在しており、これには「スムースタイプ」、「テクスチャードタイプ」があります。
表面の違いにより、被膜拘縮に関しての特徴が異なるため、この点をしっかりと把握した上で選ぶことが大切になります。